立川市・昭島市のデイサービス運営やケアプラン作成など在宅介護のサポートを中心に、高齢者住まいの無料相談・ 有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅の紹介や見学同行などでの施設介護へつなぐ役割も担ってまいります。

お問合せ・ご相談は
0120-605-079
          老後ならココ
イベント 花 郷土料理地図 ゲーム お誕生日 ゴルフ 休憩 フジ 畑 公園

在宅介護で起こりやすい問題

家族編

介護うつ

介護うつとは、介護をしている人がうつ病になってしまうことです。介護者自身の健康状態がすぐれないまま介護するという肉体的負担や介護のために離職したり貯金を切り崩したりという経済的負担、また、先が見えない介護に対する精神的負担などが原因ではないかと言われています。また、人によっては、「外部の援助を受けることは無責任だ」と感じたり、周囲に相談する相手がいないなど、自分だけで抱え込んでしまうことでうつ病になってしまうこともあります。

虐待

介護者のストレスが限界を超えると、介護を受ける本人に対する攻撃として表れることがあります。殴る等の身体的虐待、暴言を吐く等の心理的虐待、金銭を渡さず搾取するなどの経済的虐待、介護や世話の放棄などの「ネグレスト」、性的虐待もあります。

本人編

うつ、認知症による引きこもり

迷子や徘徊の恐れのある高齢者を、家族が表に出そうとしないことがあります。または本人が刺激のある外界を恐れ、誰にも会いたくない気分になり、外に出ようとしない場合もあります。

運動機能低下による引きこもり

脳疾患後などのリハビリテーションがある程度完了していないと、歩行や日常動作にエネルギーが必要です。外に出掛けてもうまく動けず、想像以上に疲れてしまうため、外出することがおっくうになってしまう場合があります。また、自宅にひとりでこもって食事をおろそかにしている場合などは、低栄養になり外出するエネルギーがない場合もあります。

口腔機能低下による引きこもり

歯が抜けてしまったが、歯医者に行くのが面倒で入れ歯を作っていないなどの場合、外見を気にして外出しないこともあります。また、入れ歯が適正にかみ合っていない場合、発音がうまくできず、人と会うのが嫌になったり、外出を避けようとすることがあります。食事も充分に摂れず低栄養になることがあります。

本人・家族が在宅介護の限界を感じる時

  • 介護者が失業したり、慢性的な介護疲れや介護うつに陥ったり、最悪の場合は介護者が亡くなってしまったなど。
  • 老々介護の場合で、介護をしていた配偶者が病気で倒れた。
  • 本人の認知症が進行し、徘徊や便をなすりつけるなどの問題行動が多くなった。
  • トイレの処理、一人での歩行、食事の飲み込みなど、本人の身体機能が著しく低下した。
  • 火やゴミの始末ができなくなってきたなど、近隣住民に迷惑をかけ苦情が絶えない。
  • 高齢の親が独居で遠距離なので心配。
  • お金の管理ができなくなった。